So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

SSDのデフラグは必要? [PC情報]

我が家のデスクトップPCは2台ありますが両方ともにSSDをRAID0で接続しています。
年末あたりからディスクの書き込みが明らかに遅くなってきたので1台だけ試しにデフラグしてみました。

ハードの条件はこちら(約2年前に組んだ元地デジパソコンです。現在はゲームパソコンになっています。)

OS Windows Vista Ultimate32bit品。
CPU Intel Corei7-920
マザー gigabyte GA-EX58-UD5
GPU nvidia GeforceGTX260(55nm版/PALIT製OC品)
メモリ DDR3-1333 1G3枚
ドライブ SSD SiliconPowerの32Gのものx2台(かれこれ2年ほど使用)

使用ソフトはこちら

・Defraggler V2.02 (フリーソフト)  ダウンロードはこちら
リンク先ページのバージョン番号の行の下あたりのリンクからダウンロード(サポートが不要の場合は有料版を買う必要はありません。)
・CrystalDiskMark V2.2(最新版ではありませんがご了承ください)

とりあえず現状の状態
デフラグ前.jpg
ディスクの使用状態は約60GB中約20GB空き(2/3程度埋まっている状態です)

Defragglerの使い方はいろいろ書いてありますが、SSDの書き込み回数リミットをあまり削りたくないのでこの程度実行しています。
1:空き領域のデフラグ(フル)
2:データ領域のデフラグ(断片化数約25000から10程度まで実施)
断片数が多いためすごい時間が掛かりました・・・[眠い(睡眠)]

断片化解消後はこのくらいに改善しました。
デフラグ後.jpg

書き込み速度はOSインストール状態まで回復しました。
あまりにも多い回数デフラグを実行するとSSDの書き換え回数制限に悪さすると思いますが、OSの大幅アップデート(サービスパックなど)や大容量ソフトのインストール後に行うとパフォーマンスの改善が見込めるようです。
結果が良かったので残りの1台もデフラグしました[ひらめき]

最近の低価格SSDのお勧めはこちらです。(以下のシリコンパワー製SSDは記事の物の2世代後の物です)


タグ:レポート SSD

スマートフォンのMicro-USB充電ケーブルでの充電について [アンドロイド携帯]

SC-03C用の充電用に追加のMicro-USBケーブルを買おうといろいろ調べていたのですが充電にまつわるご作法があるようですのでメモ書きします。

SH-03Cに関しては以下の条件が満たされる環境では一般的な全配線型のデータ転送用のMicro-USBケーブル・充電のみ(または切り替えスイッチあり)のMicro-USBケーブルともに充電が可能のようです。

・ACアダプタ(コンセントからUSB端子に変換のタイプ)を利用の場合は出力が1差込口当たり5V/500mA以上(最低)が必要。
・USBケーブルでの充電の場合はUSB2.0または3.0ポートへの接続が必要。(注意:USB2.0の規格上の給電量が1ポートあたり500mAのため、パソコンによっては給電量が不足気味の物も存在しているためUSB-HUB経由での接続では充電できないことが多いようです)
・外部バッテリーを使う場合は満充電には1.0A以上の出力が必要

意外と親切な仕様でほっとしています[わーい(嬉しい顔)]

補足
前記事でのエネループっぽいバッテリーというのが「FOMA補助充電アダプタ1」というもので、こちらの出力が5.4v/400mAでしたので微妙に規格に足りない場合が発生するので充電できたりできなかったりしていたようです・・・
ちなみにFOMA純正(P04)ACアダプタは5.4V/700mAで前記事でのPowerBank3.0付属のモバクルツイン(USB2口出力のACアダプタ)は5.4v/2000mA(こっちは大容量リチウムイオンに充電するために出力大き目)でした。
古いパソコンのUSB1.0や1.1のポートでは電流が足りないようで充電できないのは意外な落ちでした。。。
エクスペリア等みたいに本体側のデータ線のショートが必要だったりするような特殊な仕様では無いようでほっとしております。

あとは使いやすそうなケーブルを探さないとなのですが長さやプラグの大きさ、壊れなそうかどうかなどを考えるとなかなか良さそうなのが無く困っています[バッド(下向き矢印)]。しばらくは付属のケーブルのみで頑張ろうかと思います…

SH-03C用に大容量外部バッテリーを購入しました。 [アンドロイド携帯]

SH-03Cを買った際に機種変更前の機種の機種修理特典でFOMA用のエネループっぽい充電器がもらえたのですがSH-03Cに付属のFOMA<>Microusb変換ケーブルを使っての充電では残量が10%を切らないと充電できない上に40%程度しか充電できないことがわかりました・・・[もうやだ~(悲しい顔)]
スマートフォンは電池もちが良くないのは通例なのであきらめて非常時用の大容量外部バッテリーを購入しました。[ひらめき]

DIATEC PowerBankSlim3.0 リンク先はメーカー製品紹介ページ
amazonからの購入はこちら
FILCO パワーバンクスリム3.0 5V1.2A高出力 iPhone,Xperia,GalaxyS,IS03等のスマートフォン対応バッテリー 4400mAh ブラック FPS440K

DSC_0060.JPG
パッケージはこんな感じです。製品貼付の対応機種シールにはSH-03Cは記載されていませんでしたがちゃんと使えています。(ダイアテックHPには動作確認済みとの記載があります)
中身は以下のとおりです。
DSC_0062.JPG
バッテリー本体(右)と充電用USBケーブル(左上)+FILCOのモバクルツインforスマートフォンBlack(左下/AC<>2口USB給電変換機)のセット品です。

このバッテリーに充電する際は付属の充電用ケーブルをモバクルツインに繋いで行います。
このバッテリーからスマートフォンへの充電は本体横の電源を入れてUSB<>MicroUSB-Bケーブルを接続して行います。この製品には携帯に繋ぐケーブルが付属していませんのでご注意ください。(SH-03Cに付属のUSBケーブルで充電可能です)
一部のケーブルで充電できないことがあるようですので念のためデータ転送もOKな短めなケーブルを利用することをお勧めします。
アイフォーンの方にもアイフォーン用のUSBケーブルがある場合は貸してあげることも可能です。
実際の使用で充電は4時間~くらいでランプは全点灯。SH-03Cへの充電は残量20%状態から2回フル充電を試しましたが残量が余ります。また、このバッテリーは出力が5V/1.2Vと他製品より多いのでスマホ側の残量が90%状態でも問題なく追充電ができます。
この製品に付属のAC<>USB充電変換機の出力が2系統あるので外部バッテリーとSH-03Cの両方が一度につなげるので重宝しています。
参考程度ではあるのですがこのバッテリーの本体が角がきつめなデザインのため、落下で即故障というレビュー記事がありましたので丁寧に取り扱っております。

残量計がある点、価格とバッテリー容量を考えればコストパフォーマンスはかなり高いのでよろしかったらお試しください[わーい(嬉しい顔)]

もう少し高くても良い場合はこのような製品もあります。

バッテリー容量は3500mAhでサイズはPowerBankSlim3.0とほぼ同じです。ソーラーバッテリーでの蓄電はあまり期待できないようです。変換コネクタが多く付属しているのでこちらのみでいろいろな携帯に充電が可能です。

SH-03C用にMicroSDHCカードを購入しました。 [アンドロイド携帯]

購入記事にも書きましたが本体メモリが少ないので写真類くらいは外部に移そうとMicroSDHCカードを購入しました。

上海問屋セレクトMicroSDHC16GBClass10
3399円(送料別)でした。2011/2/19時点で在庫が残り少ないようです。

転送速度=動作速度に直結なのでClass4の激安品は回避しました。
とりあえず送られてきたものはKingmax製のMicroSDHCのClass10品なのでバルクよりは良いと思います。
私のSH-03Cではきちんと認識/動作ともにしており書き込み速度も速く、ダウンロード~インストールの時間や写真撮影のレスポンスも良いみたいです。

あとは春予定のAndroid2.2開放が待ち遠しいです。。。。写真をSDに移してもぜんぜん容量が足りなくてしょんぼりです。(アプリ画面7ページびっしり埋まってるのでアプリを入れすぎとの指摘もありますが・・・)

アンドロイド携帯に変えました。 [アンドロイド携帯]

年末にdocomoのAndroid携帯のSH-03Cに機種変更しました。

付属品などは以下の写真のとおりです。
PC190524.JPG
購入するまで知らなかったのですが、マイクロSDのプレゼントキャンペーンは初回出荷時点で終了していました・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

SH-03C購入のきっかけはドコモのi-mode機能の代用が大部分でアンドロイドのブラウザで完結でき、ワンセグやおさいふ携帯機能も整備されようやく一通り無難な環境が整った事です。ギャラクシーSやレグザフォンもありましたがギャラクシーSはワンセグやフォトライトが無い点で却下。レグザフォンは動きのもっさり感と角ばったデザインでサイズ以上に大きかったので却下でした。アイフォーン4は通信費は安いがソフトバンクなので却下。(コレが一番無難なデザインで色も白が良かったのですがこの機種しか無いので一択でした[いい気分(温泉)]

使用感としては
・思っていたよりすいすい動く
・ワンセグは地方ではやっぱり感度悪し
・バッテリーの減りは使っているとどんどん減る感じ。アイドル時は意外と減りません。通話の量にもよりますが1日は何とか持つ感じです。
・3Dはおまけ程度にかんがえていた割に付属ソフトや写真からワンセグまで楽しめています。(ただし慣れないと裸眼3Dは画面を見た瞬間 ヲェッ っときます・・・)
・Android2.1なのでソフトの保存が本体メモリオンリーなのであまり多くインストールできない(2.2で改善されますが・・・しばらくの辛抱[いい気分(温泉)]
・Android2.1なのでFLASHページが100%開かない(バージョンアップすれば対応しますが・・・・辛抱[いい気分(温泉)]

i-modeの代用機能はブラウザでだいぶ間に合う時代なのがびっくりデス。以下は使用例
・映画チケットの携帯予約はパソコンでの予約機能がそのまま使えます(ワーナーマイカルシネマズ、Tジョイは確認済み)
・iアプリ(ゲームなど)は全滅ですがアンドロイドマーケットにも大量にあります。
・馬券投票(I-PAT)はPC用のログインより利用可能(というかこっちの方が詳細情報見やすいので便利!)
・i-mode情報サイトの代用はPCサイトの方が多いですね(言うまでも無いですが・・・)
携帯ならではの便利機能が使えないのですが、それ以上のフォローが可能なサービスが多いのでいい時代になったなと感じました。

次回は追加備品類の紹介をします。

GOLFV バッテリー交換してみました。 [GOLFV]

だいぶ前ですが出張からもどったらバッテリーが上がりでエンジンが掛からなくなりまして・・・自動車保険屋のバッテリーレスキューを頼んで急場をしのぎました。(無料のサービス付きのに入っていて良かったです[ぴかぴか(新しい)]
そこで、バッテリー交換の見積もりをディーラーに確認したところ値引き後かつ工賃込みで28000円位との事で2年程度で交換するにはやっぱり高いなと思い自分で交換しました
(参考:この車の前に乗っていたパサートワゴン18Vでは4年おき程度の交換でした。こっちの方に乗っていたのもBOSCHのこの系統のバッテリーでした)

購入した交換用バッテリーはこちら追記(GOLFV-GT初期型の2.0Lモデル用です)
BOSCH PS-I Battery PSI-7C リンク先はメーカーの製品ページです。
楽天ショップから11000円(税、送料込み)くらいで購入しました。
楽天市場からの商品検索はこちら

容量は純正で付いていた物が72Ahに対して購入品は74Ahと気持ち容量が大きいようです(誤差程度ですが・・・)。GOLFVに乗せるバッテリーとしてはサイズも純正とほぼ同じで取り付けにも困らない物です。2年おきに交換すると仮定してもこの値段なら妥当でもありますし、いちおう有名メーカー品でもありますので安心度は高めだと思います。
PB270515.JPG
写真は取り替える前のバッテリーです。私の車は中古車ですのでディーラーの証言が正しければ2年半程度利用したバッテリーなのですが、端子部分から液漏れらしき形跡があり、インジゲータ穴の色も黒(死亡確定?)です。今回の状況になる前に半年前に一度放電気味になった事があったので(その際は再充電で復活)交換タイミングとしては妥当と思いました。

交換方法は以下のとおり。詳しくはおかけん様のブログをご覧ください。
注意:交換作業は自己責任でお願いします。交換の再に故障いたしましても保障などは一切お受けできません。今回のバッテリー交換では車のボディアース部に端子を接触させ電子機器を破損する可能性があります。ショートには十分ご注意ください。
①エンジン止めてキーを抜く。
②ボンネットを開けて作業開始。
③バッテリーの上の樹脂カバーをはずし、マイナス端子を外してからプラス端子を外す。
④バッテリーの下のほうの6角ボルトネジをはずす(この際に固定金具も一緒に外れるので金具、ネジともにエンジンルーム内に落とさないように注意する。
⑤古いバッテリーを取り出し、防寒材、保護カバーを新しいバッテリーにつけなおす。
⑥新しいバッテリーを乗せ、固定金具をボルトでとめる
⑦プラス側端子を取り付け後にマイナス側端子を取り付け
⑧エンジンを掛けてみてOKならウインドをすべて閉じた状態でキーを抜き、運転席側のドアのキーホールにキーをいれ、ロック位置に回し数秒保持してパワーウインドのワンタッチ機能のセットをする。
⑨最後に樹脂製カバーの取り付けそして完了です。
PB270518.JPG
新品の方のバッテリーです。製造年月は2010年8月でした。(在庫処分品でもない内容で満足しています)

車のメンテナンスとしては意外と簡単な部類です。交換後にメーターパネルにアレコレエラーランプが点灯していますが数分放置or少し走ると消えます。消えない場合はディーラーに持ち込む必要がありますので注意願います。古いバッテリーは車用品店など持ち込めば無料で引き取ってもらえることが多いです。
タグ:GOLFV

EXCEL2007で上書き保存ができないのエラーが出る。 [PC情報]

久々の更新です。
仕事柄、Windwosの不具合に遭遇することが増えましたので小出しにアップしたいと思います。

今回ですが、2010年4月中旬ごろから会社で利用しているWinXPパソコンでEXCEL2007で上書き保存ができない不具合が出ました。そのときの対処法です。(被害は2台ですみました・・・)

症状:とりあえず何でもいいのでネットワークドライブ上のEXCELファイルを開きます。そのまま上書き保存を実行すると「上書き保存できませんでした」のエラーが出て保存ができない状態になります。編集をしても同様。ファイル名を変えても同様というひどい不具合です。ネットワークドライブ以外に別名で保存をすることはできたので不具合発生当日で対処法が見つからなかったのでしばらく放置することになっていましたがようやく情報が出たので対応しました。

対処法:とりあえずMSのHPで不具合対応がアップされていましたのでそちらを元に対応しています。
対象の不具合は2010/4/15のWindowsの更新プログラムの中の[KB980232]がいたずらしているようでしたのでこちらをプログラムのインストールと削除を使ってアンインストール。その後自動更新をかけ、カスタムインストールを選択して同更新を除外してあげれば直ります。

最近多い重要更新のなかの一部なので消すのもどうなのかとも思いますが、不具合がでるのであれば入れておけないのでしょうがないですね┐(´∀`)┌
ちなみにWindowsXPのみの不具合らしいので会社のPCのOSもいい加減7とかにしないといけないようには感じました。。。
タグ:不具合情報

dv6i:windows7にアップグレードしました [PC情報]

我が家のデカノートパソコンのHPのdv6iですが、Windows7アップグレードパッケージも到着していて、使っているアプリのWindows7での動作不備の問題がすべてOKになったのを期にOSをWindows7にアップしました[ぴかぴか(新しい)]

簡単ですが今回実施した手順です。
1:必要なデータのバックアップをする
メールデータや文書類、ブラウザのお気に入りリンクなど、消えて困るデータをSDカードやDVDにバックアップします。リカバリーディスクを作っていない場合はこの時点で作成することをお勧めします。
2:BIOSアップデートなどを実施する
HPのWindows7アップグレードパッケージに入ってくるアップグレードマネージャーディスクを起動し、互換性の検証~BIOSアップデート/ファームウエアのアップデートの工程を実施。
その後はOSをアップグレードインストールをするかクリーンインストールするかを決めることになります。
3:Windows7をクリーンインストール
HPアップグレードマネージャーの指示通りに進むとOSのインストールの指示に行き着きますのでWindows7インストールディスクをドライヴに入れてインストーラーを起動し、インストールを開始します。このインストールの途中でアップデートにするかクリーンインストールするかを選択する場面があります、筆者は後者のクリーンインストールを実施しました。(容量64GのSSDなので無駄なゴミがSSDの残容量を逼迫するのを避けたかったので)
4:OSのインストールが完了したらドライバー類のインストール
OSのインストールが終わり、Windows7の起動が完了しますが、まだ残りの作業が残っています。再びHPアップグレードマネージャーディスクを入れて残りのドライバーの適用とHPアプリケーションのインストール(クリーンインストール時のみ少し多めになります。)を行います。この作業は画面の指示に従い簡単に行えます。
5:とりあえず終了
ここまでで一通り終了するのですが、OSを最新の状態に更新することとウイルスソフトのインストールはやっておきましょう。また、不要なHPアプリを消すのもよいかもしれません。

今回はクリーンストールをしましたが、アップグレードインストールも実は試しました。こっちをやったときにSSDの残容量が15Gほどしか残っていなかったので問答無用にクリーンインストールでもう一度構成した次第です。(クリーンインストールでは27Gほど残ります)※常用アプリをすべて入れている状態での残り容量です。OS単体ではないです。

実施後のエクスペリエンススコア
eスコアwin7dv6i.png
ちなみにWindowsVista時のスコアは以下のとおり
090727020_1.jpg

若干スコアがあがっています。動作感覚はVISTAの時よりきびきび動くように感じます。
また、HDDを入れ替えているようなケースではクリーンインストールが実は楽なのかもしれないと感じました。(リカバリー作業がアップグレードパッケージだけで完了できるので便利です)


低電圧メモリモジュールでPCをエコにできる? [PC情報]

久々の更新です。私事で済みませんが私情が多忙で更新が減っております[ふらふら]

では本題です。
ASCII.jpさんの記事でGeilの低電圧メモリシリーズの記事が出ていました。
記事のリンク先はこちら

実際に目に見える効果があるのはちょっとびっくりでしたが、部品の寿命という観点で見ても発熱量が間違いなく下がるので悪くない製品ではないかと思いました。
また、我が家のAMD構成PCもDDR3モジュール系のものに本格的に切り替える時期になってきたような気がしました。長時間遊ぶ為のゲーミングPCという意味では性能も大事ですが消費電力もやっぱり気になります・・・[ふらふら]

Windows7とPhenomIIx3-720BEでの自動オーバークロック設定 [PC情報]

先日Windows7Professionalをインストールしましたが、このPCは過去にオーバークロック常用で利用していたものなので20%の性能アップが見逃せないので再設定してみました。

とはいえ、過去記事の設定とほぼ同様の方法で可能でした[わーい(嬉しい顔)]

簡単に説明すると、AMDOverDriveでオーバークロック状態での動作確認を行いK10STATをタスク起動で使用して起動時にオーバークロックを自動実行するように設定する感じになります。
なお、Windows7では若干ですがタスクのプログラム実行設定がきめ細かく設定できるようになっているようです。

詳しくはこちらの過去記事をご覧ください。

なお、AMDのPhenom以降のCPUでの設定方法なのでご注意してください。(インテルのCPUは使うアプリが変わります。)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。