So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

タイヤのパンク修理 [GOLFV]

先日タイヤがパンクしました・・・タイヤのパンクは嫌なタイミングで起こる物だと改めて痛感しています・・・

今回のパンクは折れたタッピングネジのねじ山が無い部分が刺さってパンクしたので修復が可能でした。

とりあえずパンクが起こったときは以下のとおり。

1:すぐに減速し、近くの駐車場や路肩などへ車をとめましょう。(あとでジャッキアップなどが必要なので作業ができる場所に止めることは重要です)
2:スペヤタイヤがある場合はスペヤタイヤに交換しましょう。スペアタイヤがある場合は車のトランク下部や側部、車両の底面等にあります。車種によってはパンク修理キットしかない場合もあります。その場合はJAFなどを呼ぶのが良いと思われます。また、2WD(FF/FRなど)の場合は駆動輪がパンクの場合は非駆動輪のタイヤを駆動輪に回し、非駆動輪にスペヤタイヤを装着します。
3:スペアタイヤの空気圧が少ないようでしたらGSなどで早急に空気を適正値まで補充します。(日ごろから空気圧をチェックしておくと良いようです)走行時は速度制限(タイヤの)がありますのでスピードは出せませんので注意してください。
このスペアタイヤは80キロ/時制限のようでした。(写真の50は50マイル/時です)
DSC_0114.JPG

今回はスペアタイヤに交換し、近くのYHにすべりこみ、パンク修理キットを購入し、自宅にもどってからパンク修理をしました。1780円でした)

・エーモン工業:パンク修理キット→メーカーHP(PC用)
DSC_0120.JPG
楽天市場での購入先検索はこちらからできます。(送料込みで1280円くらいからあります)

修理方法は台紙の説明どおりに行えばできます。超簡単というわけではありませんが、比較的簡単に修理できました。以下は簡単な手順です。
1:タイヤを車から外します。
2:パンク箇所を見つける。この際に裂けが発生してパンクしている場合は補修は不可能です。あくまでも釘などによる細い穴でのパンクでの補修しかできません。
3:パンク修理キットの説明に従います。はじめに刺さっている釘などをゆっくり抜きます。この際に穴を避けさせないように注意して抜きましょう。
刺さっていたクギさん・・・約3センチ
DSC_0116.JPG
抜いた箇所
DSC_0119.JPG
4:工具にたっぷりラバーメントを塗った後に刺さっていた穴に刺しこみ穴を広げます。
5:工具の中串を引き抜き、穴を確保します。
6:穴ふさぎようのピンの保護シートを剥いた後にラバーメントをぬります。
7:穴ふさぎようのピンを刺しこみ、工具の押し込み棒をセットした後に工具を抜くとピンが残り、穴に蓋がされます。この状態で20~30分程度放置します。その後に飛び出しているピンをはさみなどでカットします。
8:空気を適正値まで入れて漏れが無いことを確認してからタイヤを車に取り付けます。
補修後の補修箇所
DSC_0124.JPG

とりあえずエア漏れが無いようですのでこのまま使用できそうでほっとしております・・・[いい気分(温泉)]
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。