So-net無料ブログ作成

Xiスマートフォンの通信料金シュミレーション [アンドロイド携帯]

docomoの2012年冬モデルでは高速Xi通信搭載に始まり、クアッドコアは当たり前。新サービスも充実していて気になる機種が多いです。

しかし、毎月の維持費用はどうなるのか?と思いバリュープランで試算してみました。
近所のdocomoショップで伺った内容ではバリュープラン購入時の初回で払う機械代金は7万円~8万円とのことでした。
筆者は現在dtiのハイブリッドモバイルを利用しているので併用の試算も入っています。

スマホ維持費sim.png
※筆者の現在利用しているオプションサービスを入れて試算しています。
※バリュープランで購入の場合は月々サポートで月ごとの請求額から機械の代金の値引き分の月割り分が打ち消しになる割引が適用されます。24カ月が適用期間ですが、24カ月過ぎた後は割引がなくなり、月の支払い料金は変わりません。割賦で購入の場合はバリュープラン初期支払いの機器の代金に対して割賦相当額(24回分割額+金利相当額)が追加されます。

参考として、現在利用しているSH-03C+dtiハイブリッドモバイルプランとの比較は以下の通りです。
スマホ維持費now.png

維持費用を比較したグラフは以下の通りです。
スマホ維持費グラフ.png

高速Xi通信やクアッドコア、新サービスはとても気になりますが、維持費が絶対あがっちゃうのが困りものです[バッド(下向き矢印)]
Xiトーク24で国内通話が定額になるのはいいのですが、他社通話の場合は30秒21円の通話料が発生するプランなので以前のような無料通話分をすべての通話料金に適用が出来ないのでこちらも維持費が必ず上がります。(通話に関しては各社ともに同様なプランに移行しているようで利用条件によっては値上がり傾向があるようです。)※上記グラフには他社通話分の推定料金は入れていません。

いちおうですが、スマホ+タブレットorデータ通信機器の同時購入の場合でプラスXi割が適用され、月のパケット料金が2000円~3000円くらい割引になるようです。まとめて購入したい場合は有用と思いました。

詳細はdocomoのHPをご覧ください。 
docomoウインターコレクションのページはこちら

最後に、単純にスマートフォンを入れ替えたい場合は現在のプランを継続して低価格で購入できる白ロムを利用する方法も気になります。白ロムといっても中古から未使用品まであるようなのでかなり気になっています。SIMの形状が変わる場合はdocomoの場合、購入から1年経過していれば(スマートフォン購入時にSIMが変更になる場合がほとんどらしいです)1年に1回だけ無料で交換ができるようです。


Windows8のOSの選び方 [PC情報]

Windows8のエディションは以前よりシンプルになっています。

・Windows8
 通常版にあたります。
・Windows8 Pro
 通常版にBitLocker,リモートデスクトップ,VHDなどが追加。
・Windows8 Enterprise
 Pro版にWindows to goなどが追加。企業向けボリュームライセンス版のみで販売
・Windows8 RT (ARMプロセッサー機器向け)
 ほかのWindows8には搭載のデスクトップアプリケーションなどが使えない代わりにMicrosoftOfficeRTの利用ができます。ソフトの追加がWindowsストアのみになるようです。
(補足:RT以外のそれぞれには32bit/64bit版が存在します)

まず、個人使用で一番困ると思われるものはDVD,BDの再生になります。
実はOS標準の状態でネット経由での動画サイトの再生、HDD内の映像データは再生できるのですが、ディスクメディアの再生が出来ない仕様のようです。
OSに動画再生のデコーダは搭載しているが、コーデックは搭載しない?との意味深なMicrosoftの見解でディスク再生機能がオプション扱いになっています。
PowerDVDなどのディスク再生ソフトで再生する場合はそちらのソフトがWindows8に対応していれば再生が可能になります。市販PCはこちらのパターンが大半になると思われます。
Windows8無印版の場合はWindws8ProPackを追加購入することでPro化+DVD再生機能(MediaCenter)の追加が行えるようです。
BDの機器のコピーガード周りの制約はハード面での対応が進んでおり、再生できないケースはかなり減ってきていますが、最低価格路線のPCでは注意が必要と思われます。こちらはWindows7と変わっていないようです。

そのほかはWindows7とあまり変わりがありませんので結論としては個人用に使う場合はなるべくWindows8Pro、業務(会社)で使う場合はProまたはEnterpriseになると思われます。
(注意:業務(会社)での使用の場合はOSの操作方法自体が大幅に変更されているのでそちらが起因する不具合?は多々あると思われます?(あります!)のでダウングレード版のWindows7も視野に入れておく必要があります)

DVD再生についてのまとめ
・Windows8無印でMediaPlayerでのDVD再生はできません。ProPackを追加購入するかサードパーティ製のソフトを利用することになります。
・Windows8ProでもそのままではMediaPlayerでのDVD再生はできません。MediaCenterPackなどを利用してMediaPlayerなどで再生するか、サードパーティ製のソフトを利用します。(市販PCのOSに初めからMediaCenterEditionが追加されている場合は再生が可能です)

BDの再生についてのまとめ
・各エディションともにサードパーティ製のソフトの追加が必要です。

各種パッケージの注意点。
・アップグレード版(約6000円もの)はエディションの選択だけ気にすればOKです。(32/64bitのどちらかをインストール可能です。)アップグレードなので元のWindows7OSが必要です。
・DSP版はエディションのほかに32/64bitのどちらかも別パッケージになっています。32/64bitの選択を購入後に動作状況を見て変更が行えない点が少し残念です。
・DVD再生が必要な場合はWindows8無印の場合はWindows8ProPackを追加購入、Windows8Proの場合はWindowsストアからMediaCenterEditionを追加購入することでも可能。


アップグレード版、DSP版は予約受付中です。
amazonの予約ページはこちら
ドスパラの予約ページはこちら
ソフマップの予約ページはこちらから
楽天のWinwods8検索ページはこちら

自作PCユーザーには朗報で、DSP版Windows8OSのバンドル制限がなくなったようで、単体発売予約が多々始まっております[ぴかぴか(新しい)]。ただし・・・ハードウエア(パーツ)検出機能が強化されていますのでライセンス認証が以前より厳しくなるのは確かです。(故障部品交換などの際のOSの再認証などがややこしくなる場合があると思われます。市販ソフトのライセンス認証のようにアクティベーション解除とかきちんとあればいいのですが詳細が現時点では不明です。)

Windows8パソコンが続々リリースしてます。 [PC情報]

Windows8パソコンのリリースが続々始まっています。

Windows8について個人的に重視したほうがいいと思われる点は以下の通りです。
・タッチパネル液晶(あるとないとでは操作性の差が大きすぎます)
・大きい解像度の液晶(タッチパネルとトレードになる場合が多いですが・・・広いと楽な点は変わりません)
・サイズに関してはどれを選んでも好みの領域な時代になっていてありがたいです。
・CPUやGPUは高性能な物ほど良いですが、最低レベルのPCでも問題は少なくそこそこ使えます。
・ノートパソコンのバッテリーや連続稼働時間ですが、OS、ハードともに省電力設定機能が進んでいますので無理に大きいバッテリーが必要ではなくなりつつあります。(大きいほうがより稼働時間は延ばせますが通常のものでも実用領域になっています)
・デスクトップパソコンのメリットは高性能のみになりつつあります。ただし、パネル一体型のデスクトップPCは別で、ノートパソコンと同程度の内容と考えて購入するべきです。
・OSが32bitか64bitかに関しては使う一般ソフトウエアで考慮するのですが、64bitでもOS側の互換性機能の適用で問題なく動作するソフトは意外と多いです。ただし、業務アプリケーションや外部機器を制御するアプリケーションは特殊な制御を多用しているものが多いため、事前にメーカーなどへの確認は必須です。こちらは動かないものがかなり多いと思われます。

個人的にお勧めなタッチパネル操作が可能なモデルが他社から出ています。

・HP
HP ENVY 20 TouchSmart All-in-One (モニタ一体型デスクトップPC) メーカーHPでの詳細はこちら
HP ENVY x2 (モニタが取り外せるノートPC) メーカーHPでの詳細はこちら

・SONY
VAIO Duo11 (モニタスライド型ノートPC)
VAIO TAP20 (モニタが平置き出来るモニタ内蔵型デスクトップ?PC)
メーカーHPでの2012年秋発売モデルページはこちら

・Panasonic
Let'snote AX (タッチパネルモニタが360度倒せるノートPC) メーカーHPでの詳細はこちら

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。